✩★ 関西ゲーム音楽楽団 第1回合同演奏会 ★✩
2017年5月13日(土)あましんアルカイックホール



✩★ ラピスドリームオーケストラ 第7回定期演奏会 ★✩
2017年12月9日(土) 西宮アミティホール  



2017年01月01日

第六回定期演奏会、ご来演ありがとうございました! @

定期演奏会に足を運んでいただき、
大変ありがとうございました(≧∀≦)
アンケートにも記載いただきありがとうございます♪
楽しく読ませていただきました。
 絵を描いている方もいて、ゲームへの愛を感じました!!

「感動した」「ゲームの情景が浮かんできた」など
本当に嬉しい限りです(*´∀`*)

自分も弾きながら、いろんな場面が思い浮かんだりして
とても楽しみながら弾くことができました。

今後も心に残る演奏を届けられればと思います(●・`ω・)


もず@ヴィオラ弾き



----------------------------------------

打楽器パートのトニーです。
演奏会にお越しいただいた皆さん、ご協力頂いた皆さん、ありがとうございました!
総括は然るべき立場の方が何か言ってくれると思いますので、
私はいつも通り、自身の役割と感想を<(_ _)>

打楽器の演奏では、スネアが多めでティンパニなし、でした。
スネアってやっぱり楽しい!自分が引っ張ってる感が好きですね。
FEの第1,5,6曲、クロノトリガーが、そんな感じでした。
まぁ、手、もつれてましたがっ
あと、人を借りてまでやった、クロノ・風と空と大地のリズムも楽しかった!
ドンドコするのはいいですね(*^_^*)
年々、音のタテが合わなくなってきている私ですが、次も頑張りますのでよろしくお願いしますー
あと、年々緊張しなくなってきたのは、年のせいか、お客さんがあったかいせいか、練習少なさからくるものか、自分の中の自分と会話しておきますー

そして 、編曲ですね。
・FE第2曲
FEはVnのよっしーさんがほぼ書ききっていますが、この曲だけ書かせて頂きました。
華やかなオープニングである第1曲に続き、激しすぎず盛り上げ過ぎず、明るく楽しく、というポジションを保って書けたかなと思います。
第2曲の中の「危機1」は、私自身があまり書いたことないテイストの曲なので、今回上手く書けて満足でした。

・予感〜クロノトリガー
予感で度肝抜けてたら良いのですが、お聞きになった皆さんいかがだったでしょうか?
クロノトリガーは、7年ほど前に作られた楽譜が、代々手を加えながら引き継いでる感じでして、私はチョチョッって手を加えた程度です。
が、そのチョチョっと手を加えた所にお気づ き頂けたみたいでした。
Aメロのメロディのパートを、1フレーズずつ分けたんですが、それを「こんなアレンジで来たか!」って感じに言って頂けて、マジ嬉しかったです。

・リーネの鐘は自分で書いて自分で鳴らせて楽しかった!

・中世
風の憧憬は名曲なので、その雰囲気を壊さない1ループ目から入りました。そして2ループ目で音響を重ねてみましたが、いかがだったでしょう?
カエルのテーマも、曲の力強さがあるので、基本的には素材の味のまま、って感じのアレンジです。カエルの声、聞こえました?|:3ミ

・太古
1週間以内で楽譜書いた気がします。どの曲も簡単な作りだったので。
エイラは勢いで行きたかったので、勢いで書いてよかった
風と空と大地のリズムは、打楽器いっぱい書いちゃって、手伝ってくれたFlちーちゃんマジ感謝!
ボボンガは、金管ミュートでフォルテという、いびつさと暑苦しさと心強さを感じられる編曲になったかな?

んな感じです。

で、お客さんとは、ツイッターで、ラピドリbot(ラピドリ非公認)で絡めてよかったし、
演奏後のお見送りも、皆さんのお顔が見れて楽しかった!
皆さん、またお会いしましょう!


トニー



----------------------------------------

こんにちは。打楽器パートのやのちゃんです。
まずは先日の演奏会を無事終えることができほっとしています。

ラピドリに入団させていただいてから、すでに4回の本番を迎えました。
いつも思うのですが、打楽器は楽しいパートです。

たった1音で演奏をぶち壊すこともできるし、逆により良い雰囲気をつくることもできる……

今回も
・カエルの声
・魔王の笑い声
・剣を抜くときのシャキーンの音
・鞭の音

などなど趣向を凝らした「音研究」が水面下で行われておりました。

もちろん、ふつうの(?)打楽器類でもマレットの固さや楽器をたたく場所など
音へのこだわりは常にあります。

難しいけど、楽しいです。
研究を重ねて、もっと打楽器を好きに、そして上手くなります。

メンツの意味でも、打楽器メンバーは楽しく、頼れる仲間です。
本番中、嬉しかったこと。

打楽器は楽譜が複数あるため、できるだけ
「その楽器を演奏したひとが次のひとのために譜面をめくってあげる」
という暗黙のルールがあります。

でも、忙しくてめくってあげられないことも多々あります。

チャイムにダッシュして即たたく場面があったのですが、
練習ではその前にチャイムをたたいていたトニーさん、一回も楽譜をめくってくれなかったのです。
トニーさんもすっごく急いでて。

トニーさんの楽譜をみせてもらいましたが、譜めくりは無理そうでした。
たたきながら移動するレベルで無理そうでした。
だから、頑張って暗記するしかない、できるかな。どきどき。という心境のなか。


トニーさん、めくってくれていたんです!!!!!!!!!!
楽譜!!!めくって!!!くれてた!!!!!!!!!!!!


猛ダッシュして、チャイムにいったときに、しれっとめくってあった楽譜。
これを見たときに、涙腺が崩壊しました(嘘)

おかげで心置きなくチャイムをたたくことができましたよ……!

(どうでもいい?)

あとは、遥かなる彼方への最後のオルゴール部分を演奏した、くすことみわぽん。
ここで涙腺が崩壊しました(本当)

こんな感じで良いメンバーでやらせてもらっています。


今回は演奏会運営のほうにもすこし関わらせて頂くことができました。
特に整理券は初の試みで、お客様のアンケートを読む限り決して良かったものとは言い難いですが、
これを糧にさらに良い演奏会づくりに励んでいきたいと思います。

編曲してくれた団員、ロビー企画で盛り上げてくれた団員、諸々連絡関連を引き受けてくれていた団員、
スタッフさん、そしてもちろん、来ていただいたお客様……

すべての方に感謝したいと思います。
本当にありがとうございました。


やのちゃん


posted by ラピスドリームオーケストラ at 17:43 | TrackBack(0) | 2016年第六回定期演奏会
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178243865

この記事へのトラックバック